第1回 和歌山働き方改革会議

 

労使関係者とともに「和歌山働き方改革会議」を開催しました

 平成27年6月2日、和歌山労働局では和歌山県と共同で、長時間労働の削減、年次有給休暇の取得促進、

適正な条件の下での多様な働き方の普及、女性の活躍促進など、これまでの意識や働き方を見直す「働き方改革」の実現に向けて、

労使関係者を含めた「和歌山働き方改革会議」を開催しました。

 

和歌山働き方改革設置要綱・参画者名簿(平成27年6月2日現在)(9KB; PDFファイル)

 

 始めに事務局より、会議設置の趣旨や過重労働対策に係る労働行政の取組、県内の働き方に関する現状について説明を行い、

これを受けて各委員から意見や質問が出されました。

 具体的には、働き方改革の重要性を指摘する意見が多く出されたほか、労働局・監督署における過重労働防止に係る取組を強化すべ

き、単なる啓発ではなく具体的な成果が見えるようにすべき、県内では女性が妊娠、出産等を機に離・転職するケースが未だ多く、また、

就業を継続できた場合でもいわゆる「小学1年生の壁」の問題がある、といった意見も出され、活発な議論が行われました。

 また、これらの議論をふまえ、全会一致で「和歌山働き方改革宣言」(7KB; PDFファイル)が採択されました。

  

 今後、和歌山労働局では、企業トップに対する働きかけや、働き方改革に関するシンポジウムの開催などにより

県内各企業及び県民の働き方改革に対する意識啓発を図っていく予定です。

 

 

 

 

 

和歌山労働局 〒640-8581 和歌山市黒田二丁目3番3号 和歌山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Wakayama Labor Bureau.All rights reserved.